top of page

「自分が好かれているかどうかを知りたいなら、この心理テストをやってみるとおもしろいかも」


 お世話になります。孫平です。



 みなさんにも、自分が好かれているかどうかを知りたい相手が1人や2人ぐらいいるのではないでしょうか。



 そんな方におすすめの、簡単に自分の好感度が分かる心理テストがあります。





 テストを紹介する前に、根拠となった実験について説明しておきます。








「暗黙のパートナー感情得点」


 カナダはウェスタン・オンタリオ大学のエティーン・レベルの実験(R)では、




・恋人がいる106名の参加者から、すべてのアルファベットに対する好感度を、一文字につき9点満点で得点をつけてもらった



・その後研究チームは、事前に聞いていた各参加者の恋人のイニシャルに当たる2つのアルファベットに、その人が何点をつけたのか合計した



・それとは別に、各参加者に恋人との関係に対する満足度も聞いた



・その結果、恋人との関係に満足している参加者ほど、恋人のイニシャルのアルファベットに高い得点をつけていた



・一方、恋人との関係に不満をもっている参加者ほど、恋人のイニシャルのアルファベットに低い得点をつけており、さらにはその後の調査で破局していることが多いことも分かった





そうです。



 エティーン・レベルは、無意識によるこの得点を「暗黙のパートナー感情得点」と名付けています。








「暗黙の好感度テスト」


 先ほどの実験を元ネタにしているのが、「暗黙の好感度テスト」です。



 テストの方法はざっくり以下のようになります。






パターン①


・相手に対して、好きなアルファベット単語を5つほど頭に思い浮かべてもらい、それを答えてもらう



・その中に、自分のイニシャルのアルファベットのうちどちらか片方か、両方入っていたら、相手からの好感度は高い可能性がある







パターン②


・(全26文字だと相手の負担が大きいかもしれないので)自分のイニシャルのアルファベットを含めて、10〜15文字程度のアルファベットについて、相手から10点満点で得点をつけてもらう



・自分のイニシャルのアルファベットが、他のアルファベットよりも高得点であれば、相手からの好感度は高い可能性がある







パターン③


・元ネタになっている実験は英語圏の人を対象にしているため、日本人の場合はアルファベットを「ひらがな」に変えて、パターン①と②をやってみるのもいいかもしれない








 

 ちなみに私が妻から、アルファベットバージョンでパターン①と②をやってもらったところ、結果は以下のようになりました。




パターン①

好きなアルファベット5個のうち、私のイニシャルのアルファベットは両方とも選ばれていた。




パターン②

アルファベット10個に各10点満点で得点をつけてもらったところ、私のイニシャルのアルファベットは両方とも10点だった。





 というわけで、今のところ孫平は安泰そうです(笑)。





 みなさんもよろしければ是非やってみて下さい。





閲覧数:91回0件のコメント

Comments


bottom of page