top of page

「アシックスのメタスピードスカイ+を買って走ってみた」


 お世話になります。孫平です。



 先日、新しいレーシングシューズとして、アシックスのメタスピードスカイ+を購入しました。



 このシューズはアシックスのランニングシューズの中でも最高レベルの反発力があり、トップアスリートがフルマラソンやハーフマラソンで使うレベルの代物で、当然私ごときの脚力で履きこなせるものではありません。



 それでも私が今回このシューズを購入したのは、3km〜4km程度の駅伝での使用を想定しているからです。



 ごく短い距離の駅伝の場合は、あと先考えずにとにかく自分の出せる力を最初から100%出し、最後はぶっ倒れるぐらい力を出し尽くすという走りになります。



 そこで、今までは適度な反発力と着地の安定感に優れたホカオネオネのカーボンX3を使用していましたが、駅伝ぐらいの短い距離なら、最初から飛ばして1秒でも速く襷を渡すべきだと思い直し、メタスピードスカイ+を購入することに決めました。



 同じアシックスのメタスピードシリーズで、メタスピードエッジ+というピッチ型のシューズもありましたが、爆発的な反発力という点でスカイ+を選びました。








 そして本日、メタスピードスカイ+を履いて3kmほど走ってみました。



 YouTubeのレビューでもよく言われているように、本当に反発力が凄くて、走り始めはポンポン跳ねるように足が進みました。



 しかし、これもYouTubeのレビューでよくいわれていましたが、もともと強く踏み込める脚力があって初めて効果的な反発力を得られるつくりになっているシューズのため、後半になるとかなり脚に疲労が溜まってきて明らかにペースダウンしてしまいました。



 まあ私ごときの脚力で使いこなせるシューズではないことは分かっていましたが。



 それと、一番反発力を得られる着地点、いわゆるスイートスポットが分かりづらく、今回の走りだけでは見つけることができませんでした。



 そこを見つけていくのが今後の課題でもあり、また楽しみな部分でもあります。








 とはいえ、私はアマチュアの中でもガチ勢ではなく、めちゃくちゃ走り込むつもりは毛頭ありません。



 というのも、ランニングをし過ぎると死亡率が高くなるという研究があるからです(R)。



 

・5,048人のデンマーク人を対象に、定期的にランニングをしている人と、全く運動していない人の死亡率を、12年スパンで調べた



・その結果、週に1〜2.4時間ランニングをしている人が、最も死亡率が低かった



・週に3回以上ランニングをすると死亡率が上昇する



・時速8kmで走り続けると死亡率が上昇する

 



 とのことで、ランニングをガチでやり続けるのは、何も運動しないよりも身体によろしくないらしいのです。







 その他にも、ランニングをガチでやると唾液の分泌量が減って口内が乾きやすくなり、その結果虫歯になりやすくなるという、ハイデルベルク医科大学の研究(R)もあったり。




 さらに、ランニングのような長時間の有酸素運動によるストレスが原因で、腸壁に穴が開き、そこから老化やアレルギーを引き起こす原因となる毒素が体内に流れ込む、いわゆるリーキーガットになりやすいことも指摘されています(R)。





 やはり何事もバランスが大切で、全く運動しないのも良くないし、運動し過ぎるのも良くないということです。




 とりあえず私は、週末だけメタスピードスカイ+を履いて走って、引き続きこのシューズのスイートスポット探しをしてまいりたいと思います。






Commenti


bottom of page